HOME > 臨床心理学専攻 > 修士課程 > 取得可能な資格及び修了後の進路

本文印刷

取得可能な資格及び修了後の進路

公認心理師/臨床心理士/専門社会調査士

公認心理師は、わが国初の心理職の国家資格です。平成27年9月9日に公認心理師法が成立し、平成29年9月15日に施行されました。

臨床心理士とは、財団法人日本臨床心理士資格認定協会が認定する資格です。本学は、その日本臨床心理士資格認定協会から、心の専門家として一定水準以上の基本的な知識と技能が修得でき、臨床心理士の教育・訓練システムが整っている施設として認められ、第1種指定大学院として指定を受けています。

そのため、本学では大学院を修了し、公認心理師および臨床心理士資格試験に合格した場合に、それぞれ国家資格と認定資格が取得できます。

専門社会調査士・社会調査士は、一般社団法人社会調査協会が出している資格で、社会調査の知識や技術を用いて、世論や市場動向、社会事象等をとらえることのできる能力を有する「調査の専門家」のことです。
基本的には、大学の所定の6科目単位履修で社会調査士が、加えて大学院の所定の3科目単位履修と研究論文の提出で専門社会調査士が取得できます。

なお、「専攻の活動情報」欄もご覧ください。

公認心理師については厚生労働省の、臨床心理士については財団法人日本臨床心理士資格認定協会ホームページを参照。専門社会調査士・社会調査士については一般社団法人社会調査協会のホームページを参照。

修了後の進路

これまでの修了生は、総合病院および精神病院の心理士、公立教育相談室心理判定員、公立青少年相談センター相談員、児童養護施設の心理職、大学学生相談室カウンセラー、リスクマネジメント会社の復職支援スタッフ等として活躍しています。
また、修了した年の秋に臨床心理士の資格試験を受験し、臨床心理士の資格を取得しています。

このページのTOPへ

学校法人大妻学院 千代田キャンパス(本部):東京都千代田区三番町12番地
Copyright © OTSUMA WOMEN’S UNIVERSITY. And All Related Entries. All Rights Reserved.